初恋相手と同様に大人になっても相手の気持ちを知りたい!

初恋の相手も同じですが、婚活をしていると相手の気持ちがわからなくなることがしょっちゅうあります。

相手が今何を持っているのか、知りたくなったことありませんか?

お見合いや婚活パーティーでコミニケーションを取る際に相手の心理状態を知りたいならば「視線」に注目してください。

 

例えば婚活パーティーであなたが相手に興味があった場合、どのような視線を送りますか?

きっと「相手の目を見る」か、それが恥ずかしいならば「なるべく相手に目線を向ける」ということをするはずです。

つまり興味があれば、視線は相手の方に向くのです。

話をしている最中にキョロキョロよそ見をしだしたり、視線を外すことが多くなった場合は興味がなくなっているということです。

あなたの会話を中断して、他の人と話をしたいというサインなのです。

もちろん視線をこちらに向けていてくれても、それは「OK」サインというわけではありません。

あなたのことを知りたくて、コチラの話を聞いている段階です。

だから話を聞き終わった後に「この人はちょっと違うな」と思われることもあるということです。

異性と話をする場合に視線がこちらに向いているかどうかは、必ずチェックしておくようにしましょう。

 

逆に、興味のある人には必ず視線を向けるようにしましょう。

そうしないと「この人は話を聞いてくれない」「私に興味がない」と思われてしまうかもしれませんよ。

視線というのはそれぐらい大切なので、婚活中は意識して視線を向けるようにしましょう。

今度の婚活パーティーで一度試してみて下さい!